TOP > 矯正歯科

矯正歯科

矯正治療とは

矯正治療とはのイメージ

矯正はうけ口や出っ歯の様な歯並びが良くない方や咬み合わせを体に無理なくきれいに整え、よく噛める咬み合わせにし、調和のとれた顔貌と美しい口元を作る事を目的とする医学です。
歯を削ってさし歯にしたり、入れ歯にするのではなく、矯正装置を使って、あごの骨の中をゆっくり歯を動かしていくものです。
「歯が動く」ということを不思議に思われる方も多いかもしれません。本来歯には、力を加えられると力が加えられた方向に移動する性質があります。
その性質を利用して、症状に合わせた矯正装置をつけて、歯に一定の力を持続的にかけて少しずつかけていくのです。これにより、悪い歯並びや噛み合わせ、いわゆる不正咬合を治す治療です。

小児矯正

小児矯正はお子様が成長する過程におき、スムーズな成長をうながす目的で咬合誘導(小児矯正)が行われます。人は頭、上顎、下顎の順に成長のピークを迎えます。
まだ永久歯の交換が続いている時期なので、成人のようなピチッとした並び方は要求されません。
阻害因子除去後は、いったん終了して永久歯の交換のスムーズさを監視しながら対応していきます。予防処置や虫歯の治療や歯周炎の治療を並行して小児矯正を行います。

成人矯正

成人矯正のイメージ

成人矯正とは、字のままで成人(大人)の方が治療する矯正の事です。
以前は矯正治療と言うと子供が行う治療と言うイメージが強かったのですが、最近では矯正治療も多様化する事で個人個人のニーズにあう矯正治療が選択出来る様になってきました。
子供との大きな違いは、一般生活と切り離せないという点です。働いている方も多いと思いますが、ライフスタイルに合わせた歯列矯正の方法を選択することが成人矯正の大きな特徴といえます。

不正咬合の種類

反対咬合/下顎前突/受け口
  • 口を閉じると、下の歯が 上の歯よりも前に出ている
  • うまくものを噛めない
  • 顎がしゃくれている
  • 下顎が発達しすぎている

自然に咬み合わせた時に下の前歯が上の前歯よりも外側に噛んでいます。

叢生/乱ぐい歯・八重歯
  • 歯がでこぼこに生えている
  • 食べかすが残りやすい
  • 笑うと犬歯が見える

がたがたの歯並びで、キレイなアーチになっています。隣同士の歯が重なったりねじれたりしています。

上顎前突/出っ歯
  • 上の前歯が下の前歯よりも強く前に出ている
  • 口を閉じにくく、無理して口を閉じると口元がゆがむ
  • 上唇が上がったまま

出っ歯や八重歯がある事で笑ったり口を閉じた時も、唇から出た歯の表面が乾燥し、唇が閉じにくくなります。

開口/オープンバイト
  • 口を閉じても上下の前歯の間にすき間ができる
  • 舌を前に突き出すクセがある

しっかり噛み合わせても上の歯と下の歯の間にすき間ができ、前歯が噛み合っていません。

過蓋咬合/ディープバイト
  • 噛み合わせると上の前歯が下の前歯を隠してしまう

噛み合わせた時に、上の前歯が下の前歯に深く覆い込み、下の歯が隠れてしまいます。

上下顎前突
  • 唇が閉じづらい

上も下も、歯がとびだしている状態。

お問い合わせ


大きな地図で見る

〒330-0855
埼玉県さいたま市大宮区上小町1394-1
最寄駅:大宮駅
診療時間:9:30~20:00

お問い合わせ 詳しくはこちら

新着情報

一覧を見る

2011/03/14

計画停電による影響で12:20~17:30の間に停電になる可能性がありますのでご了承ください。 何かございましたら、ご連絡ください。

2011/01/29

HPオープン致しました。

  • RSS配信
  • RSSヘルプ