TOP > インプラント

インプラントとは

インプラントとは

インプラントとはのイメージ

インプラントとは、歯を失ってしまい、抜けてしまったなか部分などの状態の際に、人工の歯を埋め込む治療をいいます。人工の歯根となるインプラントはチタン製です。チタンは骨と結合する特性を持っており、地球上で最もアレルギーの少ない金属と言われております。金属アレルギーの方でも特殊な場合を除き、使用していただけます。顎の骨にしっかりと固定されるインプラント治療は、ぐらついたりせず、取り外して洗う必要もないので、入れ歯などと比べてもメンテナンス面で優れています。

インプラントのメリット・デメリット

メリット
  1. 自分の歯で硬い食べ物も噛める様にになり、よりお食事がおいしく食べる事ができます。
  2. 周りの歯を傷付けないのもインプラントの特徴です。
  3. インプラントは見た目も自然歯と変わらず分からないです。
  4. 従来の入れ歯とは違い、インプラントは一生ものと考えられる治療法です。
  5. 自然歯と同じ様な機能が期待でき、違和感や話しにくいという事はありません。
デメリット
  1. 保険が適応されないので、自由診療となり費用がかかります。
  2. 骨にしっかり固定されるまで時間がかかります。約半年間治療がかかります。
  3. インプラント治療後、十分な口腔衛生の管理と定期的なメンテナンスが必要となります。

術後の注意点

メンテナンス

インプラントは材質的にも虫歯になる事はありません。
そう言ったなかでは天然歯より安心出来るかもしれません。しかし、歯周病原因菌に対する抵抗性は天然歯よりも弱く、炎症の悪化スピードも急速に進行してしまいます。
ですから、いくらインプラント治療と言え、手入れ方法の仕方が悪ければ除去しなければならない可能性もある訳なのです。その寿命は天然歯同様、ご自身に委ねられます。
インプラントは骨結合様式から咬み合わせのバランスをシビアにしておかなければなりません。さらに咬み合わせは日々変化し、天然歯のような自然な調整ができない分、天然の歯より大変かもしれません。

長持ちさせるには

インプラント治療を受診されたなかには日々のご自身によるケアと、歯科医院で受けるプロフェッショナルケアに加え、咬み合わせのバランスチェックと調整を定期的に受けて頂く必要がございます。それがインプラント治療を長持ちさせる秘訣です。
個人差もありますが、目安として3ヶ月から6ヶ月に1回のペースが一般的なメンテナンスの間隔です。
問題を感じないとなかなかメンテナンスに通うのは腰が重い事かと思いますが天然歯同様、悪くなる前に予防をする。これがインプラントにおいても、天然歯においても最善の治療法です。

お問い合わせ


大きな地図で見る

〒330-0855
埼玉県さいたま市大宮区上小町1394-1
最寄駅:大宮駅
診療時間:9:30~20:00

お問い合わせ 詳しくはこちら

新着情報

一覧を見る

2011/03/14

計画停電による影響で12:20~17:30の間に停電になる可能性がありますのでご了承ください。 何かございましたら、ご連絡ください。

2011/01/29

HPオープン致しました。

  • RSS配信
  • RSSヘルプ